【感人故事】43歲的我被公司開除,拼命找工作。當我終於第一次來到僱傭的公司時,我年輕的老闆說:“我不能用奧桑。”那天晚上,前門的一個年輕女人……[哭泣的故事]大聲朗讀



我們正在提供“令人印象深刻的故事”和“精彩的劇集”。感謝您訂閱頻道。我們期待您的反饋和評論。推薦視頻頻道【感人故事】….

9 thoughts on “【感人故事】43歲的我被公司開除,拼命找工作。當我終於第一次來到僱傭的公司時,我年輕的老闆說:“我不能用奧桑。”那天晚上,前門的一個年輕女人……[哭泣的故事]大聲朗讀

  1. まぁね
    そんだけ俯瞰して仕事が出来て
    まだ43歳という若さがあれば
    ワシなら独立起業する
    そもそも会社をクビにはなってない主人公は
    会社を辞めるか、転職するか、起業するかの
    少なくとも3択の自己判断が出来たが
    転職にこだわった

    遡って介護職の出向に素直に従ってたら
    この主人公は社会とはなんたるかを理解出来ただろう
    もう昔になるが営業マンだったワシが
    起業した最初の業態が訪問介護事業者だったから
    ちょっとね肩叩きのダシになるのは寂しい

  2. そうだね、世の中が平和に成り、余りにも他を知らない人が、多すぎる。・・・だから、「自是自私」是が多い。天皇始め、進ちゃん、其れで、賢さを出そうと考え、他の太古からの模範と矛盾する行動をする。・・・詰まりね、「大局的に見れないから、全体を語れ無い。其れは個人の偏重した思考に捉われているから」・・・其れで、自分が正しいと自己主張を押し通そうとする。・・・願わくば、何もしないで欲しい。願わくば、何も出来ない様に、退場して欲しい。其れが、国民の為だ。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *