借貸和逮捕。生命的底線。為追求公司的職業發展而墮落。你是怎麼從那里活下來的?前博報堂作家 Ryu Honma 和 Aritaka Shimizu,每月 10,000 本書



借貸和逮捕。生命的底線。為追求公司的職業發展而墮落。你是怎麼從那里活下來的?前博報堂作家 Ryu Honma 和每月 10,000 本書 Aritaka Shimizu 信用卡捐贈和捐贈…

37 thoughts on “借貸和逮捕。生命的底線。為追求公司的職業發展而墮落。你是怎麼從那里活下來的?前博報堂作家 Ryu Honma 和 Aritaka Shimizu,每月 10,000 本書

  1. 禊ぎ 戒め 穢れ  
    深く、古く、神秘的な日本独特な感性ですね。 英語に訳せない日本人の精神に通じる言葉とお話聞き入りました。本読みたいです。

  2. 誰でもちょっとした事で人生転落してしまう。それは仕方のないことかも知れないが、そこから這い上がってくるための指南書は沢山あっていいと思う。復刊希望。

  3. 今の本間さんの笑顔は、本当に素敵です。そして、本間さんの背景に使用しているオリンピックスタジアムと青空の雲も、明暗、オリンピックの闇が見えて来たのは考えすぎでしょうか。その前に座る本間さんがシュールです!

  4. 清水さま、復刊を待ってました!是非是非、本書にも本間さんが書いてありますように縁ある、『光の帝国』を表紙に!何卒宜しくお願いします!!!

  5. 「東京五輪レガシー」
    「東京五輪ボランティア」
    そのまんま正攻法タイトル付けて中身がそれって言うギャップ戦法も良いかも、思いつきですが委員会や政府の言うこと鵜呑みにしてる層が手にして話題になって拡がるかと妄想。

  6. 甘利明氏に一言、間違った道を修正しないと悪の輪廻から未来永劫逃れる事は出来ませんよ。貴殿の顔を見ると、人品骨柄卑しからぬ人間の顔ではないですよ。それでも、平然として幹事長を続けるつもりですか? 本間さんは、修正する事が出来て本当に良かったですね、甘利明の様な人物にならなくて。

  7. 昨夜、ぼうっと聞いてたら、清水さんの朗読のくだりで、ジーンときて、不覚にも涙が流れた。
    一月万冊はこれまでも長く視聴してきたが、こんなことは初めて。

    これからも良い対談をお届けください。

  8. 新しい鳥おかちめんことてもかわいいですね。本間さんには、是非キャプテンハーロックに出てくる「トリさん」を肩に頑張ってもらいたかったです。清水さんも本間さんも過去があるから今があるのだと思います。当たり前ですね・・・逆境は、本当の自分のための通過儀礼だと思います。お二方の今後のご活躍をお祈りいたします。

  9. 清水さん、本間さん…こんにちはo(^-^)o
    私は、何故(?_?)って…思ってしまったことを覚えています…何故だろう…
    いつも、清水さんの一言一言に発見したり一緒に喜んだり…感動しています。一言一言に感謝です。
    本間さんの本…転落の😂…必ず読みたいです。
    ありがとうございます🙏

  10. 転落の記、絶版になっていて残念だったので、ぜひ読みたいです。本間さんの笑顔が、今、なかなかない笑顔だと思うんです。自分にウソをつかいてないでいるって、笑顔に現れるんじゃないかなあ。。

  11. 本間さんの蓋をしない
    正直な人柄、大好きです。信用できる方だと
    すぐわかります。
    清水さんとのコンビも
    最高です。

  12. 吐き気をもよおす程自分の人生を振り返る人って中々いないと思います。凄いです。だからこそ今の本間さんがあるんですね。ぜひぜひ読みたいな。一応図書館に行ってみます。復刊をして下さい。

  13. 甘利&阿部は、100年間ぶち込まれても、本間さんの様な謙虚な人にはなれないでしょう。本間さんとあの2人を較べる事自体無理がありますよね。

  14. 清水さんの朗読聞いただけで、ウルウルですね。自分自身の弱さ、失敗を受け入るって難しいこと、そこから再起するって、本間さんは本物の強さを持った人だと思います。

  15. 本間さんステキですよね‼️
    真っ直ぐで裏表のない性格が清々しいです✨
    これからも応援してます😃
    他の方も言ってましたけど、ドラマ化して欲しいです♪

  16. はっきり言って実刑判決は重すぎですよ!それに較べて大臣室で現金をポケットに入れた奴が大手を振ってるのが許せません!復刊が待ち望まれます♥

  17. 展示のデータをダウンロードして読みました。離婚してからも夫の借金を返した私です。夫が借金を隠していた気持ちがなんとなくこの本を読んでわかりました。ありがとうございます。

  18. 私もマグリットが好きで、ベルギーのマグリット美術館やマグリットの生家を訪れました。
    光の帝国の明るい青空と闇に包まれた家というコントラストと独特の非現実感は、本間さんの当時の心の様子を表しているのかなと感じました。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *