【論文與算術】澀澤榮一……年收入不增加的人的特徵| vol.64



我會談談澀澤榮一的主題,年收入不增加的人的特徵。我自己創業已經10年了,但前幾天我讀了澀澤榮一寫的《理論與算術》,想了想……

4 thoughts on “【論文與算術】澀澤榮一……年收入不增加的人的特徵| vol.64

  1. 「限界ギリギリのところで、プールの底に落ちちている宝の鍵を拾える」
    限界ギリギリのところまで潜る事すらしたことない?です・・・
    苦しみから逃げてばかいではいけないですね。

    必死で考えてアイデア出して、プールの底に落ちている宝の鍵を拾えるように
    もうひと踏ん張りして限界値超えてみます!
    ありがとうございます!

  2. オンラインビジネスにおいて、価値提供が大事とも言われているのは、自分以外の誰かを勝たせるというところに繋がりますね。
    自分が求めたい未来がしっかり描けていれば、諦めるという選択肢は出てこないかなと常々思っています。

  3. やはり例えが上手い。レベル感を把握して、勝たせる事が出来れば売れるの分かります。

    顧客目線で物事を見る事とても難しいのですが、顧客の声をもっと聞いて、需要に答えていきたいと思います。

    仮想敵いるにはいるが、明確ではないので、もっと敵として意識していきます。
    今がまさにその時と思い頑張っていますが、方向を間違わないように、考えながら進みます。

  4. ・自分以外の誰かを勝たせることができない

    人を立たせたり、人に得させたりできる人。

    2500年前からギバーは結果を出していたのですね。

    共にwin‐winの関係。

    「みんな幸せ」昔から大好きな言葉です。

    自分は間違っていなかった。と、分かってとても嬉しいです。

    私も2500年前の人のように結果を出せるギバーになりたいです。

    ・良い仮想敵がいない

    憧れの目標はたくさんあります。

    具体的な商品の方。

    ちょっと先を走って物凄く努力している友人や先輩。

    素晴らしい背中がたくさんあって、幸せな環境にいます。

    少し先の背中を見て目指すとよいのですね。

    目指してみます。

    ・ドカッと突き抜ける直前で辞めがち

    「光もほとんどさしこまない水深10mくらいのの深くて暗いプールの底に

    息を止めて、落ちている宝の鍵を手探りで探している」

    「後、数十センチ潜れば手の届く範囲に正解の鍵が見つかるところなのに」

    もう少しで何かが生み出されるタイミングなんですね。

    めっちゃくちゃ心に響きました。

    今まさに、息苦しいです。

    でも、チャンスなんですね。

    今日も、もうちょっと潜ってきます。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *